トップ

求人の条件で要チェックすべき事

求人情報を見る際

テレアポ

求人情報では福利厚生も見よう

多くの方が求人情報を見る際に最初に目が行くのは給料でしょう。時給や日給はいくらなのか、賞与はどのくらいあるのかなどを比較することになります。しかし、給料だけで就職先を決めてしまうのは良くありません。たとえば、福利厚生はどうなっているのかとチェックすることも大切です。寮は完備しているのか、保育園は完備しているのかなど、働きやすい環境が整えられているかどうかは職場選びの重要なポイントの一つです。求人情報の中には、福利厚生に関する情報について記載されているので、それを丁寧に確認及び比較していくことが大切です。

福利厚生で選ぶ仕事について

求人情報で見るべき福利厚生の定義に関してです。広義と狭義で異なり、給料以外で会社が従業員に提供するサービスですが、例えば健康保険や厚生年金は法律で義務付けられているので、法定福利とも言います。また、社宅を備えていたり、食事補助などもありますが、所得税の法律と会社の仕組みの定義は異なるので、会社では福利厚生の一環として提供していても、税金の取り扱いは給与になる場合もあります。残業が続いたときに、食事代として手当を1万円もらったら給与扱いで税金がかかりますが、実際にかかった食事の料金を領収書を提出してもらったら、会社の厚生費になります。働く人にとっては、税金がかからない厚生サービスが多いほど生活がしやすいです。求人情報でも明記してある場合もありますが、面接で、具体的に確認しておくと安心です。

↑PAGE TOP